トークイベント「静かなる荒野の運動記」の1日

2014.05.31

PRELIBRI写真展「FRANCISCO」

PRELIBRI × 森岡督行(森岡書店)トークショー

「静かなる荒野の運動記」

5月31日の1日の様子アップします。

 

夏日!光が燦々。いいお天気となりました。

大きなな縁側みたい。

東京マサラボーイズの高木さん。相方初見さんとの週末だけのカレーユニット。

こだわりのカレー食べてみたいです! 活動はこちらをどうぞ!

入れ替わり立ち代り、たくさんの方にお越しいただきました。

街への距離が近い!道ゆく人がながめていきます。大きな窓から見ると、街が劇場のよう。

即席眼鏡男子登場

キウィソーダ美味しいですよ。暑い日に一服の清涼。

牛肉麺めっぽう辛くてとてつもなく美味しいいです!undōにきたらぜひご賞味下さい!

限定なので売り切れでしたらご容赦を。

6月末にundōでスープのイベントをするというエリックさんからの差し入れ。というか突然の試食会。

お相伴にあずかりました。朝焼きたてのパンと、ミネストローネ。てづくりのプリンまで!美味しかったです〜。

久しぶりにゆっくりお話できた方も。いらしてくださりありがとうございました!

PRELIBRIがはじめて展覧会をした時のポスター。

貼るもすぐに落ちてきてしまうのでトイレに移してしまいましたが見た方いるかな?

16:30頃から続々トークイベントのお客様がいらっしゃいました。

そろそろ17:00。道から自分たちもお客様も丸見えなのが不思議で面白かったです。

トークイベント。森岡さんのリードで、PRELIBRIの今までの活動と、

今回の展示FRANCISCOについてお話させていただきました。

トークについてはまた別にアップしようと思います。

森岡さん素敵な視点いただきました!ありがとうございました!

たくさんの方にお越しいただきありがとうございました!みなさんいい笑顔!

皆様にお会いできてうれしかったです。

お写真撮らなかった方ごめんなさい〜。

トークが終わってもその場でビールを片手に歓談。

日も暮れ始め。いい風吹いてきました。

夕涼みしながら話つきず。

左:編集者/undōディレクターの川村庸子さん。今回PRELIBRIに展示しませんか?と声をかけてくれた方です。

夜も更けつつ…。

窓全開で気持ちのいい季節。

 undō(運動/ウンドウ)のメンバー4名

みなさん、編集者、神主、日本語教師、写真家でもあり、

バンド感あふれる素敵な空気感。

 undō(運動/ウンドウ)HPに「わたしたちの目標は、ひとり静かにHello World!と叫ぶような経験をつくること。」とありました。

まさに街に、人に、カルチャーに、気持ちのいい程世界に開かれた、大きな窓のような場所でした。

こんな素敵な場所で展示ができたこと、森岡さんとご一緒にトークイベントができたこと、

とても嬉しく貴重な機会をいただいたなーと思います。

 

活動も3年たち、4年目の今年。

点と点がつながって線になり面になり…の形が、少しだけ見えてきた気がした展示となりました。

多くの方にお越しいただけたこと感謝です。ありがとうございました!

また秋に向けてundō(運動/ウンドウ)の如く動き続けて、

私たちらしい形をつくっていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します!

 

PRELIBRI

小熊千佳子 一之瀬ちひろ

 

 

 

 

 

 

 

___________________________________________________________

 

◎5/31(土)17:00〜18:30

PRELIBRI × 森岡督行(森岡書店)トークショー

「静かなる荒野の運動記」

PRELIBRIのふたりが、漂流物という、ある種“価値の無いもの”に美を見出した「FARANCISCO」。同じように、古書に価値づけを行う森岡さんとともに、制作の現在・過去・未来について言葉を交わします。

“本”というメディアを通して、既存の文脈に捕われずインディペンデントに活動しする両者。どんな共通項が出てくるのか、ぜひお立ち会いください。

参加費:1,500円(別途1ドリンク)、要予約 
※参加ご希望の方は、minowa.undo@gmail.comまで[氏名/参加人数/ケータイ番号]をお送りください。先着15名です。


森岡督行:1974年生まれ。茅場町の古いビルにて森岡書店を営んでいる。著書に「写真集」平凡社、「Books on Japan 1931-1972」ビー・エヌ・エヌ新社、「荒野の古本屋」晶文社がある。「森岡書店日記」を新潮社HPにて連載中。http://moriokashoten.com/

 

___________________________________________________________

PRELIBRI写真展「FRANCISCO」

会期:5/24(土)〜6/1(日)

時間:12:00〜23:00
*作家在廊は、5/29(木)14:00〜18:00 一之瀬、5/31(土)12:00〜 小熊、15:00〜 一之瀬です。

デザイナー・小熊千佳子とフォトグラファー・一之瀬ちひろによる、PRELIBRI写真展「FRANCISCO」を開催いたします。

2013年10月末、台風27号(FRANCISCO)が日本列島を直撃。今回の展示は、そのときに新潟の浜辺に漂着したものを採取し、撮影した記録。漂流したことで表面が削られ、もともとの姿かたち、そして機能を失ったものが訴えかけてくる、静謐な存在感に、眼を奪われます。
オリジナルプリントの展示販売もいたします。ぜひ、お越し下さい。

 

Preparation

2014.05.24

PRELIBRI写真展「FRANCISCO」

設営してきました!

 

 

 

 

 

会期:5/24(土)〜6/1(日)
時間:12:00〜23:00

デザイナー・小熊千佳子とフォトグラファー・一之瀬ちひろによる、PRELIBRI写真展「FRANCISCO」を開催いたします。

2013年10月末、台風27号(FRANCISCO)が日本列島を直撃。今回の展示は、そのときに新潟の浜辺に漂着したものを採取し、撮影した記録。漂流したことで表面が削られ、もともとの姿かたち、そして機能を失ったものが訴えかけてくる、静謐な存在感に、眼を奪われます。
オリジナルプリントの展示販売もいたします。ぜひ、お越し下さい。

___________________________________________________________

[作家より]

2013年10月16日、
マリアナ諸島の北緯11度30分、
東経143度5分で発生した
台風27号「FRANCISCO(フランシスコ)」。
海をわたって流れ着いた漂流物。
浜辺に打ち上げられたものたちは、
驚くほど“素”に立ち返り、
痕跡も、経年変化も美しく、そこに佇んでいた。
大陸から漂着したものもあり、
どんな旅を経てここに辿り着いたのか、思いを馳せる。
価値はいつうまれるのか。
美はどこにあるのか。

PRELIBRI(プレリブリ):デザイナー小熊千佳子とフォトグラファー・一之瀬ちひろによるリトルブックレーベル。「stilleven」「FORM-GIVING」「MAKING OF PRELIBRI」「KITSILANO」「FRANCINSCO」を刊行。個展、THE TOKYO ART BOOK FAIR、NY ART BOOK FAIRなど、各国のアートブックフェアにて作品発表。9月に新刊写真集刊行予定。http://prelibri.com/all/

出版物としての本に、感覚的なコミュニケーションは可能だろうか?
モノとしての本に、印刷された文字を超えた何かを表現することはできるのだろうか? 
もしできるなら、それは何だろう?

___________________________________________________________

[関連イベント]

◎5/31(土)17:00〜18:30

PRELIBRI × 森岡督行(森岡書店)トークショー

「静かなる荒野の運動記」

PRELIBRIのふたりが、漂流物という、ある種“価値の無いもの”に美を見出した「FARANCISCO」。同じように、古書に価値づけを行う森岡さんとともに、制作の現在・過去・未来について言葉を交わします。

“本”というメディアを通して、既存の文脈に捕われずインディペンデントに活動しする両者。どんな共通項が出てくるのか、ぜひお立ち会いください。

参加費:1,500円(別途1ドリンク)、要予約 
※参加ご希望の方は、minowa.undo@gmail.comまで[氏名/参加人数/ケータイ番号]をお送りください。先着15名です。


森岡督行:1974年生まれ。茅場町の古いビルにて森岡書店を営んでいる。著書に「写真集」平凡社、「Books on Japan 1931-1972」ビー・エヌ・エヌ新社、「荒野の古本屋」晶文社がある。「森岡書店日記」を新潮社HPにて連載中。http://moriokashoten.com/

 

 

Progress

2014.05.16

新刊写真集進捗について。

 

新刊の写真集について、

最近お知らせしていませんでしたが、

継続して動いていますよー。

それもかなり急速な動きで常に流動的。

多くの方が関わることですし、

できればこの写真集を出すことで、

関わる人、手にとった人、興味を持っていただいた人、

全ての方に触れてよかった。と思っていただける

何かが残る本にできればと思っています。

なかなか難しいことではありますが、

人と会い、話し、ベストな形を探る。

それを丹念に丁寧に続けていく。

それしかないと思ってます。

リトルブックレーベルとして、

50冊、100冊の本をつくってきた私たちとしては、

今回の写真集は、全て新しいコトの挑戦です。

ひとつひとつピースを重ねて、

大切に形にしていきたいと思います。

 

9月のTOKYO ART BOOK FAIRも申し込みがはじまりましたね!

NY ART BOOK FAIRももうすぐかと思います。

もう5月半ば!

意外と時間ないのでドキドキしてますが、

お披露目できるよう走って行きたいと思います。

 

応援いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します!

 

PRELIBRI

小熊千佳子 一之瀬ちひろ

Talk event

2014.05.12

茅場町 井上ビル にやってきました。

今回は打ち合わせで、undōディレクター川村さんと、森岡書店さんへ。

24日(土)から、三ノ輪に新しくできた、

オルタナティブスペース「undō」ではじまる「FRANCISCO」展にて、

トークイベントを行うことになりました。

お相手は森岡書店の森岡督行さん

念願かないお願いすることが出来ました!

会期最後の週末31日(土)に行います。

打ち合わせおもしろかったので、当日もとても楽しみ。

お時間ご都合あう方ぜひ展示とトークいらしてくださいね!

詳細情報はのちほどまたお知らせいたたします。

どうぞよろしくお願いします!

目つぶってますねw。

今日の打ち合わせは、残念ながらは都合つかず一之瀬は伺えませんでしたが、

もちろんトークはPRELIBRI一之瀬・小熊×森岡さんで行いますよー!