with TOKITAMA

2014.06.23

with TOKITAMA展に参加します。
 
「with TOKITAMA展」
参加作家:
ときたま+ANAT PARNASS、阿部美千代、飯沢耕太郎、池谷明治、石山貴美子、伊奈英次、
ヴィヴィアン佐藤、江波戸冽、大久保潤、大橋愛、小熊千佳子、押忍!手芸部部長石澤彰一、
加藤康成、黒塚直子、今道子、佐藤卓、JOHN SOLT、鈴木安一郎、高橋敬子、ダダカン、
谷口雅邦、玉村幸子、筒井ともみ、直野宣子、仲野泰生、橋本夕紀夫、伴美里、
ホッピー神山、増田岳穂、向井三郎、森崎偏陸、柳太郎、山川麻弥
 
会期;2014年6月23日(月)~28日(土)
   12:00~19:00(最終日17:00)
 
場所:巷房(地下)
   中央区銀座1-9-8 奥野ビル地下 tel&fax 03-3567-8727
   http://www5.ocn.ne.jp/~kobo/

& Premium 8

2014.06.21

140621_1

 

& Premium 8「スタイルを持つ、ということ。」
& EYESのコーナーで、文章を書かせていただきました。
ベルリンのカルチャーマガジン「MONO. KULTUR: KIM GORDON」について。
 
ここ最近’90年代に影響を受けた物事に再会することが多い。
キム・ゴードンも、当時「purple」や、
林央子さんの「here and there」で知りました。
そもそも「拡張するファッション」の展示や、
’90年代に会ってきた方との再会など。
 
あの頃に感じたことや、見てきたものが、今をつくっているし、
ライオットガールへの憧れも確実に自分の中に小さな炎となって残ってる。
(フェミニズム系のムーブメントとして語られがちだけれど、
 制度や世界に頼らず自分でなんでもつくりあげていっちゃおうぜ!っていう
 パワーのようなものを感じたんですよね!)
 
「拡張するファッション」の水戸芸での展示のように、
見てると何か創り出さずにはいられなくなっていくような、
ある種の熱のようなもの。
’90年代を知らない若い人たちがあの熱に触れ、
また新しいクリエイションをうまれていくこと。とても楽しみです。
 
今月号の「スタイルを持つ、ということ。」素敵でした。
憧れの方の「大切にしていること」を丁寧に集めて編まれています。
日々の生活の中で”素敵”と思うことを少しずつ増やすこと。
たぶん豊かってそういうことかなと。
雑誌内 in book 「言葉のスタイルブック」も
本好きには嬉しかったりニヤリとしたり☆

GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2014

2014.06.20

140620_1

 

東京ミッドタウン・デザインハブ第46回企画展
日本のグラフィックデザイン2014
 に参加しています。
ハナレグミ「だれそかれそ」ポスターが展示されております。
 
ハナレグミ「だれそかれそ」CD、LP、ポスター
アーティスト:ハナレグミ 永積崇
アートディレクション・デザイン:小熊千佳子 
イラストレーション:小池アミイゴ
クライアント:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
       Speedstar Records
       ラフィン


東京ミッドタウン・デザインハブ第46回企画展
日本のグラフィックデザイン2014

会 期:2014年6月20日(金)~8月3日(日) 
    11:00-19:00 会期中無休・入場無料
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主 催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会
 
東京ミッドタウン・デザインハブでは、第46回企画展となる
「日本のグラフィックデザイン2014」を、2014年6月20日(金)より開催いたします。
会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会が、
1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design In Japan』。
2014年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物とモニタで展示します。
身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、
映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、
世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。
 
 
●関連イベント
JAGDA年鑑委員が聞き手となって、第一線で活躍するグラフィックデザイナーや
アートディレクターらをゲストに迎えトークイベントを開催します(7〜8月の間、2回予定)。
詳細が確定しだい、本ページにてご案内いたします。
 
●年鑑『Graphic Design In Japan 2014』
編集長:服部一成
ブックデザイン:菊地敦己
編集・発行:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
発 売:株式会社六耀社/2014年6月下旬
価 格:16,200円(税込)

box_F

6月20日、年鑑『GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2014』が発行されます。約2,440作品が全国の会員から出品され、厳正な選考の結果、約600作品を入選といたしました(入選率24.9%)。また、全作品の中から最も優れた作品とその制作者に贈られる「亀倉雄策賞」、カテゴリーごとに優れた作品に贈られる「JAGDA賞」、今後の活躍が期待される有望な若手グラフィックデザイナーに贈られる「JAGDA新人賞」を今年も選出。世界でも評価の高い、日本のグラフィックデザインの現在を伝えつつ、データベース性も持たせた、実用性の高いデザイン年鑑です。
ぜひご購入・ご高覧ください。
 
また、発刊に合わせ、年鑑作品展「日本のグラフィックデザイン2014」を、
6月20日(金)〜8月4日(日)まで東京ミッドタウン・デザインハブにて開催いたします。
あわせてご高覧ください。
 
●GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2014
体裁:A4変型(天地280mm×210mm)
   ハードカバー/ケース入/総480頁(カラー380頁)
編集・制作:JAGDA年鑑委員会
編集長:服部一成
ブックデザイン:菊地敦己
価格:16,200円(本体15,000円+税)
発行:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
発売:株式会社六耀社
ISBN 978-4-89737-773-5

GRAPHIC DESIGN 2014

2014.06.17

20140605-graphicdesign_v

20140605-graphicdesign7_v

20140605-graphicdesign9_v

 


GRAPHIC DESIGN 2014
「GRAPHIC DESIGN 2014」
グラフィックデザイナー150組を紹介する
「グラフィック・デザイン2014」に掲載いただきました。
書店で目にしましたらちらっと覗いていただければ幸いです。

活躍されてらっしゃる方々の末席に加えていただき大変光栄です。
このような書籍に載ることは憧れでした。
でもここからが始まりな気がしています。
出会う方々と共に、ますます丁寧に、
ひとつづつ形にしていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!
  
  
 
GRAPHIC DESIGN 2014
発売日:2014年6月17日
価格:3,456円(税込)
判型:B5変形(190×257mm)
頁数:320ページ
印刷:フルカラー(コンセントリック・スクリーン)
定価:本体3,200円+税
ISBN: 978-4-7981-3604-2
発行:株式会社翔泳社
 
Amazonでの購入はこちら
 
GRAPHIC DESIGN 2014 掲載デザイナー(五十音順 / 敬称略)

秋山貴世 / 足立詩織[SHIORI GRAPHIC] / あちらべ / 阿南圭吾[logram] / 阿部寛文 /
有馬トモユキ[TATSDESIGN] / 井口弘史 / 池上直樹[コトホギデザイン] / 池田充宏[DRAWER] /
石黒篤史[OUWN] / 石黒 潤[FRASCO] / 石橋由悠[ACTGRAM] / 石見美和[Neandertal] /
いすたえこ[NNNNY] / 泉谷和範[TRIVAL] / 一ノ瀬雄太 / IPPI 松谷一飛[VISIONS] /
稲葉大明[FUNDAMENT] / 稲葉まり / 井上広一[ORYEL] / 岩屋民穂[GraphersRock] /
上田マルコ[MIRROR] / 内山尚志 / m7kenji / EROTYKA TOKYO PARIS / 大垣ガク[アシタノシカク] /
大楠孝太朗[MIRROR] / 大島慶一郎 / 大竹竜平 / 大谷有紀 / 大野彩芽 / 岡崎智弘[SWIMMING] /
小口翔平[tobufune] / 小熊千佳子 / 長田敏希 / 小田雄太[COMPOUND] / 小野清詞 /
小野大作[creative company GIFT] / 小野勇介 / 尾花大輔 / KASICO / GUTSON TG/金坂義之[AURUM] /
金田介寿[カイジュウインク/NIDHIKAIGAN] / 金田遼平 / kamikene[hatos, Normalization] /
蒲生和典[GRAPHITICA] / Calamari / carmine / 川上 淳[公式] / 河野未彩 / KANNA Akiko[StudioKanna] /
菊池元淑[LOKI] / 木住野彰悟[6D-K] / きしひろみ[terasolar] / gift unfolding casually / 清川あさみ[ASAMI] /
久能真理 / 軍司匡寛[POSTHYPHEN] / 郡司龍彦 / 幸前チョロ / 五次元図案構成 / 小杉幸一 /
小辻雅史/小林洋介[Kitchen Sink.] / COMMUNE / 近藤幸二郎[BLACK BELT JONES DC.] /
近藤ちはる[ウルトラグラフィックス] / 齋藤幸孝[buffalo-D] / 酒井博子[coton design] / 坂本政則[DELTRO] /
櫻井優樹[METAMOS] / 佐野章核[SANOGRAPHIX.NET] / SAFARI / 重松淳也[SHIGEMATSU Design]/
市東 基 / 柴岡洋次 / 下浜臨太郎 / JUN WATANABE / SKKY / 杉 怜[Scenery of Design] /
杉山峻輔[スケブリ] / 杉山陽平[ONE GRAPHIC GALLERY]/鈴木シゲル[THE ME] / STEVE NAKAMURA /
ステレオテニス / sunui[素縫い] / 諏訪 nyon-nyon[POLYGRAPH] / 関 翔吾 / soda-design/
大黒大悟[日本デザインセンター 大黒デザイン研究室] / 高田 唯[ALL RIGHT GRAPHICS] / 林直俊[428graffi] /
高谷 廉[AD&D] / 多田明日香 / 谷内晴彦[desegno] / 千原徹也[れもんらいふ] / TYMOTE / 天宅 正[DRAFT] /
徳永明子 / 戸崎正浩 / trip / 中代拓也[BUCCI] / 中山正成[APRIL FOOL] / 根本真路 / 野口路加 / KNOT FOR /
濱 祐斗[濱祐斗デザイン事務所] / 林 弘樹 / 原野賢太郎 / BALCOLONY. / 人見久美子[HI company] /VIVIFAI /
平野篤史/深澤亜衣 / 福岡南央子[woolen] / 藤本玲奈[CZAR LENA FUJIMOTO] / black*bath /
古屋蔵人[SOBO/TEE PARTY/BOCTOK] / 古屋貴広[Werkbund] / Bob Foundation / 本郷伸明[TASS] /
前川景介[room-composite] / 牧寿次郎 / 町田宗弘[NSSGRAPHICA] / 松本健一[MOTOMOTO inc] /
丸山 新[&Form] / 丸山昌崇[circle-d] / ME&MIRACO / 水谷慎吾[水谷慎吾事務所] / Miracle Deluxe /
minna / 村上 健[zezegraph] / 八木 彩 / 八木ひとみ[ピキピキドカン] / 安田昂弘[DRAFT] /
柳川敬介[ハンサム] / 矢野 宏 / 山本ヒロキ[MARVIN] / 山本洋介[MOUNTAIN BOOK DESIGN] /
united lounge tokyo / 吉岡秀典[セプテンバーカウボーイ] / 吉田ユニ / YOSHIROTTEN / 四つ葉加工 /
Le gardin / レザイ美樹[REZAI DESIGN TOKYO] / 我妻晃司[RALPH] / 渡辺 潤[kaleidosxope] / 渡辺浩之[olola]

24. INTERNATIONAL POSTER BIENNALE WARSZAWA 2014

2014.06.07

p_140606_1

 

140606_6 140606_5 140606_4 140606_3 140606_2

 

ポスター2点、24回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレに入選いたしました。
 
6月7日にオープニングセレモニー
6月8日〜9月14日までメイン会場ワルシャワポスター美術館での展示となります。
(サテライト会場は会期様々で行われるようです)
http://biennale.postermuseum.pl/en/international-poster-biennale/main-exhibition/
 
もしこの期間にポーランド・ワルシャワにいらっしゃる際は、
ぜひ足を運んでみてください。
 
______________________________
 
 
24th International Poster Biennale
 
Main exhibition
 
The International Jury will announce the results of the competition at the opening ceremony of the 24th IPB, on 7 June 2014, 7 p.m.. We cordially invite you to the opening!
 
Opening ceremony: Saturday 7th June 2014, 7 p.m.

 
 
The exhibition will be open from 8th June – 14th September 2014
 
Monday: 12 p.m. – 4 p.m. (free entrance)
Wednesday: 10 a.m. – 6 p.m.
 
Tuesday, Thursday and Friday: 10 a.m. – 4 p.m.
 
Saturday and Sunday: 10 a.m. – 6 p.m.
 
 
Address: Poster Museum at Wilanów – a division of the National Museum in Warsaw
10/16 Stanisława Kostki Potockiego St.
 
Curator of the 24th IPB exhibition: Michał Warda

______________________________
 
 
The Poster Biennale is undergoing a metamorphosis, which is expected to attract both established poster lovers and new audiences. The new formula should reinforce the importance of the Biennale internationally and tempt a broader public to visit Warsaw and its Poster Museum. The National Museum in Warsaw and all the people and institutions involved shall endeavour to ensure this venue gains a new image and impetus as a truly international design festival.
 
 
The National Museum’s Board of Directors has appointed a new Program Council for the 24th International Poster Biennale. Its new members include: Maciej Buszewicz; Justyna Czerniakowska, Magdalena Frankowska, Agnieszka Jacobson, Dawid Korzekwa, Gregorz Laszuk, Lech Majewski, Marcin Rutkiewicz, Zdzisław Schubert, Agnieszka Szewczyk, Agata Szydłowska, Bogna Świątkowska, Rene Wawrzkiewicz, Marcin Władyka and Piotr Rypson, who has been elected the Council’s Chairman.
 
It has been decided that registration to the Biennale and the first round of the two works selection stages by the International Jury will be carried out electronically, using an online system. The exhibition of selected works will also take on a different appearance and its preparation will be entrusted to a curator selected by the Program Council.
 
 
The exhibition will be accompanied by a special program of speeches devoted to the history of this already legendary cyclical event, critical analysis of the last two decades of the International Poster Biennale, and a debate concerning its future. Discussions and speeches will be held during the Graphic Design Knowledge Fair organized by the Association of Graphic Designers.
 
 
Organiser
 
The Poster Museum in Wilanów – a division of the National Museum in Warsaw
 
Partners
The Academy of Fine Arts in Warsaw
The Association of Graphic Designers (STGU)
 
The office of the 24th International Poster Biennale
Muzeum Plakatu w Wilanowie
Oddział Muzeum Narodowego w Warszawie
ul. St. Kostki Potockiego 10/16
02-958 Warszawa
 
biennale@postermuseum.pl 
www.postermuseum.pl
www.mnw.art.pl