TRNAVA POSTER TRIENNIAL 2015

2015.09.08

150907_1

150907_2

150907_4

150907_3


「山小屋きのこの時間」展ポスター入選し、9/2からスロバキア、トルナヴァの
Gallery of Jan Koniarek で開催されている、TRNAVA POSTER TRIENNIALにて展示されています。
3564エントリー中370枚が通過とのこと。
四十宮隆志さんが現地視察され、お写真送って下さいました。

池上直樹さんのポスター(左)と並んでの展示。大変嬉しく光栄です!
こちらのポスターは、写真評論家でもありアーティストとしても旺盛に活動されている飯沢耕太郎さんと、
「少女系きのこ図鑑」できのこ愛好家の方々に衝撃を与えた玉木えみさんの展覧会開催を記念し制作しました。
飯沢さんのコラージュ作品をわざと斜めから撮影し、立体感を際立たせた上で、
上からオリジナルのタイポグラフィーを重ねて構成しています。

「山小屋きのこの時間」展
クライアント: MOVE Art Management
アーティスト:飯沢耕太郎、玉木えみ
プロデューサー: 新谷佐知子
カメラマン:スズキアサコ

Client: MOVE Art Management​
Artist:Kotaro Iizawa、EMI TAMAKI
Producer: Sachiko Shintani​
Photographer:Asaco Suzuki​

 

Communication Arts Design Annual 56

2015.08.25

 150824_2

150824_1

150824_3

Communication Arts Design Annual 56
トロフィーが届きました。
tupera tupera さんの浜田市世界こども美術館での展覧会
「tupera tupera 絵本のおもちゃ箱展」のポスターがWinnerとなり、
4083エントリー中153作品 カテゴリーではポスター17点中の1点とのこと。
Communication Artsのデザイン年鑑です。
お声かけいただきましたtupera tuperaさん
素敵な機会をいただきありがとうございました!

tupera tuperaさんの今まで制作した絵本の原画350点を展示する展覧会
21タイトルの各絵本から印象的なキャラクターを抜き出して構成しました。
実際の印刷では4隅のグレーがシルバーインクでの印刷です。
光の加減で真ん中の箱が浮いて見えるような不思議な仕上がりとなりました。

「tupera tupera 絵本のおもちゃ箱展」
クライアント:浜田市世界こども美術館
絵本作家:tupera tupera
フォトグラファー:鍵岡龍門
アートディレクション・デザイン:小熊千佳子

tupera tupera ŠG–{‚Ì‚¨‚à‚¿‚á” “W_ƒ|ƒXƒ^[

& Premium 22

2015.08.23

150820_1

 150820_3

150820_2

 

& Premium 22 10月号ニューヨークシティガイド
「NY好き23人のお気に入りホテルとスポット」
おすすめとしてHotel Pennsylvaniaと、
ブックアーツのギャラリーと活版工房の併設されたThe Art Center for Book Artsと、
NY ART BOOK FAIRが開催されるMOMA PS1をご紹介させていただきました。

Graphic Design Festival Scotland’s 2015 International Poster Competition

2015.08.08

150808_1

 tupera tupera ŠG–{‚Ì‚¨‚à‚¿‚á” “W_ƒ|ƒXƒ^[

150808_3

Graphic Design Festival Scotland’s 2015 International Poster Competition

- A toy box full of tupera tupera pocture books
FOREST IN TOKYO

「tupera tupera 絵本のおもちゃ箱展」
「東京の森展」
ポスターがスコットランドのグラフィックデザインフェスティバル
国際ポスターコンペティションで入選いたしました。
改めまして機会をいただきました皆様に感謝いたします。
ありがとうございました!

「tupera tupera 絵本のおもちゃ箱展」
クライアント:浜田市世界こども美術館
絵本作家:tupera tupera
アートディレクター・デザイナー:小熊千佳子

「東京の森展」
クライアント:東京・森と市庭 CASE gallery
アートディレクター・デザイナー・イラストレーター:小熊千佳子


 



Milk japon

2015.08.07

150807_1

Milk japon WEB にて以前掲載いただいた記事を再掲いただきました。
「森の子保育園」ロゴ、VIのお仕事を丁寧にご紹介いただき感謝です。

「森の子保育園」VI
クライアント 森の子保育園、日比野設計・幼児の城、Oiseau
アートディレクション・デザイン 小熊千佳子


Graphis Poster Annual 2016

2015.07.22

 

150721_1

150721_2

150721_3

150721_4

150721_5

150721_6

Graphis Poster Annual 2016 にて「東京の森展」ポスター掲載いただきました。

裏表紙にGoldを受賞者として名前掲載いただき光栄です。

改めまして、東京と森の市庭さま、CASE gallery湯川さま、

多くの関係者の皆様に感謝いたします。ありがとうございました!

 

& Premium 21

2015.07.19

150720_1

& Premium 21
「&EYES 9人が見つけたモノ、コト、ヒト」のコーナーで、
短文掲載いただきました。
最近気になっていることとして、
伊藤亜紗さんの「目の見えない人は世界をどう見ているのか」
をご紹介させていただきました。
ご高覧いただけましたら幸いです。

「視覚」の「死角」。
想像する身体の知覚と世界の見方。

〝身体〟が気になります。身体というか〝知覚〟かな? 伊藤亜沙さんの『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を拝読し、4本脚と3本脚の椅子を例として、「『欠如』ではなく3本がつくる『全体』」という言葉にハッと。「視覚がないから死角がない」、視覚があるからこそ死角がある。2次元的な見方と3次元的な見方。自分とは別の〝身体〟を想像し変身することで、新しく開ける世界の捉え方の視座! 以前、「invisible things」というテーマで作品を発表していました。感じ得なかった先を見たいと思うこと。興味再燃の兆し。

150701_3

伊藤亜沙著『目の見えない人は世界をどう見ているのか』。

見えない本質に関する老子の言葉をドイツ語で象嵌した作品。