invisivle things

2008_1114_invisible things

 

2008年12月2日(火)〜12月7日(日)まで、 
恵比寿にあるartbook&interiorのお店limArtにて、個展を開催しました。

かねてから追求しているテーマ「invisible things」=見えないものを
エミール・ルーダー氏が掬い上げた老子の言葉を引用し、
金属凸版の平面作品と、象嵌の技法を用いた指輪を制作いたしました。
ご高覧いただけましたら幸いです。
皆様のご来場を御待ちしております。



見えるもの、見えないもの。

エミール・ルーダー氏が掬い上げた老子の言葉。

タイポグラフィーにより表出する空間の余白。

反転した瞬間気づく見えていなかったものの美しさ。

象嵌の技、凸版の圧を経て現れる光と影の文字形。



三十本のスポークがハブに集中している、
しかし車輪の本質をなしているのはそれらの空間である。
壷は粘土でできている、しかし壷の本質をなしているのは中の空間である。
窓と扉をそなえた壁が家を構成している、
しかし家の本質をなしているのは壁に囲まれた空間である。
原理:物質は実用性を有し、実体のない部分が本質をなす。
老子
出展:ヘルムート・シュミット著「バーゼルへの道」朗文堂


協力
五十嵐誠  fuse
河野圭祐  ニシキ印刷株式会社 
新谷佐知子 MOVE Art Management www.move-move.com

作品は展示販売いたします。


limArt
〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南2-10-3-1F 
tel 03-3713-8670